スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HANDMADE・小物

画像Clickで詳細ページへ

スポンサーサイト

子供用調節クッション

20080628656.jpg2008062851.jpg2008062852.jpg


クッションカバーを縫いました。
娘のものです。


2008062858.jpg先日の日記で子供用の椅子のことを書きましたところ、親切に「こんなものがありますよ」というコメント・メールをいただきました。
ありがとうございました。
次の日早速買いに走りました。

大人の椅子に乗せるだけで子供用椅子に変身というクッション。
厚み3cmのウレタンフォームのクッションを3枚重ねて、その上からカバーをかぶせてあり、成長に応じてクッションを抜いて高さを調整していきます。

そのカバーを娘用に「赤頭巾ちゃん」柄とリネンで縫いました。
















2008062856.jpg2008062854.jpg2008062855.jpg


もとはこんなカバーでした。
デニムっぽい無地の布なので、これはコレでよいのですが…

ウレタンフォーム3枚では3cm×3枚で9cm高さがUPします。
それですと、ダイニングテーブルの巾木?に太ももがあたってしまいました。
2枚…6cmのUPでちょうどよい感じです。

そうなると1枚抜いたことでカバーもブカブカした感じになり気になります。
その日のうちにカバーを縫いました。
せっかくですので娘が喜びそうな柄で。
「赤ずきんちゃん」は娘もよく知っているお話なのでこのカバーは大変喜んでもらえました。

2008062853.jpg1枚の生地の中にストーリーが…。

「これ、狼?これ、あかずきんちゃん?」「そうよ」
なかなか座らないのでどうしたのかと思っていたら、絵をじっくり眺めてあかずきんちゃんのストーリーをブツブツ言っておりました。
まだまだ無邪気でかわいい…。

調整クッション…座った感じは…

20080628654.jpgウレタン2枚…6cmUPでうちのテーブルでギリギリ。

9cmUPですと太ももがテーブルにあたって足がはいりませんでした。


















2008062864.jpg2008062863.jpgおにぎり食べてます。



結構固めのすわり心地なので安定感があり、家にあった分厚いクッションを敷いて座っていた感じとは雲泥の差。












20080628655.jpgおにぎり大好き!

これ、おやつです…。









はじめてのハーダンガー刺繍

2008060718.jpg2008060717.jpg2008060719.jpg


本屋さんで手にとった一冊の刺繍の本…
その本にすっかり魅せられてしまって作ったコースターとミニドイリー。

2008060724.jpg2008060722.jpg


ハーダンガー刺繍。

コングレスという荒い布に刺繍をし、最後にハサミで回りをカットして出来上がり。
刺繍でありながらレースのような完成になります

携帯ストラップ

20070401115938.jpg20070401115946.jpg20070401115939.jpg


携帯を買い換えたのでストラップも変えてみました。
前つけていたストラップ
20070401115943.jpg以前のよりも、もっとシンプルに。
チェーンは3本だけ。

携帯のボタンのイルミネーションがとても綺麗なので、石もキラキラとしたイメージで透明なものを2つとアクセントにピンクの石をひとつ。























20070401115944.jpg作っただけで放置していたイニシャルモチーフもつけて…
放置していたのでよい具合に黒ずんでアンティーク調になってました

















20070401115963.jpg


携帯を持ったときに光があたるとキラキラとそれは綺麗なんですよ。

シルバーのイニシャルモチーフ・ネックレス

2008011339.jpg200801134.jpg


アンティークのイニシャルモチーフから模ってシルバークレイで作ったモチーフ
そのパーツを使ってネックレスを作りました。

シンプルなニットワンピースのポイントになるようなネックレスが欲しかったので…チェーンの先にパールをつけてシャラっと下がるデザインにしました。

シルバーとパールってほんとによく合いますね。
春になったら軽い着心地の真っ白なリネンのチュニックなんかにも合うかな…なんて思ってます。




2008011342.jpg2008011337.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。