スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨークワンピース

2008071913.jpg2008071906.jpg2008071911.jpg


MPLさんのヨークワンピースを縫いました。

たくさんの方が作っていらっしゃったこの形…遅まきながら作りました。
本当にかわいいです!
しかも簡単であっという間にできます

…が、今回、どうしてもこのアレンジで作りたかったので、下準備に時間がかかりました。

2008071902.jpg
ヨーク部分全面にタックをほどこしました。

このヨーク全面のタックとくるみボタンをループで留める形…
こげ茶色の無地の生地でシックな雰囲気
お気に入りの一枚に仕上がりました。




















生地はかなり薄手で透け感があります。
ギャザーが綺麗に入りました。
袖と胸元のギャザーがフンワリ。
袖はBタイプです。

2008071904.jpg2008071908.jpg



ヨークのタック幅は8mm間隔で入れています。
前ヨークはその分厚くなりますので見返しは裏全面ではなく、開き部分に幅2cmで入れました。
(後ろヨークはそのまま見返しをつけています)
開きはループを作りヨークと見返しに挟み込んでいます。
ボタンは共布のくるみボタン11mmを6つ
小さなボタンが並んだ感じがかわいらしいです。

裾にも8mm幅でタックを3本。
これが入るのと入らないのとではまた印象が違います。
テキストでは裾は三つ折でミシン縫いでしたが、ロック処理して二つ折りにし、まつり縫いにしました。
タックより下、予定ではあと4cmほど長かったのですが、カットする際に間違ってしまって…短くなってしまいました。
それが悔やまれます!

2008071907.jpg2008071917.jpg2008071918.jpg

スポンサーサイト

ズロースとシュシュ

2008071916.jpgズロースです…。

↑で作ったワンピース、生地が薄くて透け透けですので何か下にはかないといけません。
スパッツでもよいのですが…
ちょっとレトロな雰囲気でこれをチョイス。

生地をスカラップレースなどを使ったらよかったのかもしれませんが、とりあえず家にあったサラっとしたコットンで縫ったら、本当にレトロチックに仕上がりました。
おばあちゃんが履いていたような「ズロース」!!























パターンはこの本から…

風合いをたいせつに着る、おんなのこの服
2008071935.jpgこの本にも「ズロース」と紹介されていましたが、これ…ペチパンツではなく、まさしくズロースという雰囲気。
サイズは100で作りましたが、大きいです。たっぷりとしたシルエット。
それで履かせてみると今風でなくクラッシックな感じで「ダサかわ~」
編み上げのブーツなんてあわせたらかわいいと思います。

この本に載っているものが(写真の雰囲気も)アンティークなテイストで、実際に作って着せてみたらどうなんだろう…と思うものが多いのですが、見る分には本当に好きな本です。
レースや切りっぱなし、ハンドメイド感たっぷりのお洋服は小さな子供のうちにしか似合わない…
なので作るなら今しかないような!
他にも作ってみたいと思う服が2,3点あるので眺めては妄想にひたっています。










2008071934.jpg2008071914.jpg2008071915.jpg

裾にはコットンレース
ピンタックを4本入れました。
前に小さな紫色のサテンのリボンを…。





2008071921.jpg裾からこんな風にレースをチラリと見せて着たらかわいいかな…と。

レトロな雰囲気ですね。


ヨークワンピース・ズロース・シュシュの着用写真

2008071929.jpg2008071930.jpg2008071928.jpg

着たらこんな感じです。
色白の子が着たらシックでいい感じだと思うのですが…娘おもいっきり焼けていて服と同化しています。

これ…実はサイズ5
たぶん、大き目だからで来年用にすればいいかな…と思ったら違和感なし!

2008071927.jpg2008071942.jpg

ワンピース丈…失敗したのが悔やまれます。
あと4cmは長くて、ズロースのレースだけちょっとのぞくはずだったのですが…
ま、いっか。

来年はチュニックとして着れるといいな。












2008071931.jpgP1000069.jpg
シュシュはこんな感じ。
いろいろアレンジして作ってみようと思います。





はまってます…

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

子供用調節クッション

20080628656.jpg2008062851.jpg2008062852.jpg


クッションカバーを縫いました。
娘のものです。


2008062858.jpg先日の日記で子供用の椅子のことを書きましたところ、親切に「こんなものがありますよ」というコメント・メールをいただきました。
ありがとうございました。
次の日早速買いに走りました。

大人の椅子に乗せるだけで子供用椅子に変身というクッション。
厚み3cmのウレタンフォームのクッションを3枚重ねて、その上からカバーをかぶせてあり、成長に応じてクッションを抜いて高さを調整していきます。

そのカバーを娘用に「赤頭巾ちゃん」柄とリネンで縫いました。
















2008062856.jpg2008062854.jpg2008062855.jpg


もとはこんなカバーでした。
デニムっぽい無地の布なので、これはコレでよいのですが…

ウレタンフォーム3枚では3cm×3枚で9cm高さがUPします。
それですと、ダイニングテーブルの巾木?に太ももがあたってしまいました。
2枚…6cmのUPでちょうどよい感じです。

そうなると1枚抜いたことでカバーもブカブカした感じになり気になります。
その日のうちにカバーを縫いました。
せっかくですので娘が喜びそうな柄で。
「赤ずきんちゃん」は娘もよく知っているお話なのでこのカバーは大変喜んでもらえました。

2008062853.jpg1枚の生地の中にストーリーが…。

「これ、狼?これ、あかずきんちゃん?」「そうよ」
なかなか座らないのでどうしたのかと思っていたら、絵をじっくり眺めてあかずきんちゃんのストーリーをブツブツ言っておりました。
まだまだ無邪気でかわいい…。

調整クッション…座った感じは…

20080628654.jpgウレタン2枚…6cmUPでうちのテーブルでギリギリ。

9cmUPですと太ももがテーブルにあたって足がはいりませんでした。


















2008062864.jpg2008062863.jpgおにぎり食べてます。



結構固めのすわり心地なので安定感があり、家にあった分厚いクッションを敷いて座っていた感じとは雲泥の差。












20080628655.jpgおにぎり大好き!

これ、おやつです…。









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。