スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リバティでフワフワスカート

2008012848.jpg2008012849.jpg2008012857.jpg



リバティでタックスカートを作りました。
ふわっふわのスカートです


2008012847.jpgお友達のお嬢様が履いていたスカート、とってもかわいらしくて…お借りしたスカートを参考にして作りました。 (サイズは4A)

生地は去年の秋冬リバティ
アパレルでも使われていたこの柄…(私のセレクトは色違いでしたけど )
お花がいっぱい散りばめられていて華やかです。
ベースの色はパープル




長方形の布を筒状に縫ってウェストはタックをよせてゴムを通すだけ?と思っていたら…計ってタック分を計算してみたらウェストと裾の寸法が微妙に違う…パターンはわすかに扇状(扇をさかさまにした感じ)
それにこまかくタックをよせたものでした

2008012837.jpg20080308324.jpgほぼ3cm間隔でタックを寄せています。

















ウェストにリボン

2008012858.jpg2008012838.jpg
ウェストの前側にボタンホールを作って、そこにリボンを差し込んでミシンでとめます。
反対の後ろ側のベルトの先にもリボンを挟みます。 その2本を蝶結び。
…なのですが、いちいち着せるたびにリボンを結ぶのも面倒なので2本ともボタンホールの中に入れてしまいました。
(でもウェストはゴムなのでボタンはずさなくても履けちゃうのでした)

…リボンがサテンなので結んでも結んでもスルスルとほどけてしまう…
もう結び目もとめつけてしまったほうがいいみたい

2008012840.jpg2008012839.jpg
裏地もつけました…薄いコットンです。

スカートの縫い代は表地も裏地も袋縫いです。
簡単そうなスカートなのにアレコレ手間かかってます。

開きの部分で裏地と表地を縫い合わせるのですが、縫い代が袋縫い…
その部分の処理の仕方は既製品を実際にみてみないとわからなかったと思います。
どの本にもそんな開きのやり方はのってないですし…。
実際にみて「おお~こういうやり方なのか…」と感心しました。
いろんなやり方があるので既製品をじっくり見るというのは勉強になりますね。






…リバティが秋冬柄なので、どーしても春物という感じがしません。
やっぱり春夏柄で作らないと!

…ということでリベンジ!

2008030821.jpg今度は生地とサイズを変えて

生地はリバティのFloribundaのピンク
白地にピンクとグリーンの花模様が散らしてある春夏らしい生地です。
前回があまりにも秋っぽかったので、「これぞ春!!」という感じで作りました。






















2008030830.jpg2008030823.jpg2008030819.jpg


もちろん裏地もつけています。
ウェストのリボンはほとけてしまうのでやめました。



着用写真とコーディネートはコチラ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。