スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金繕い

16371528.jpg先日、長崎旅行で購入したばかりの染付けの5寸皿…
食器洗い機に仕込む際にぶつけてしまいました。
1辺1cmくらいの三角形に欠けてしまい、うっすらとひびもはいってました。















ほんと、よくお皿を当てて割ってしまったり、ひびがはいったりするのです…。

お気に入りの器だと、その日はかなりブルーになってしまいます。
定番でいつも手に入るお皿ではなく、古道具屋で見つけた一点ものだったりするとなおさら…

でもこの方法を知ってからは、ちょっとは気が楽になりました。

「金つくろい」…昔から伝わる欠けたり割れたりした陶器を補修する方法です。




9f7c4b4d.jpg


左が補修後です(ピンボケですみません…)



47de8c40.jpg

やさしい金つくろい入門―食器を直す、茶道具を直す


こちらの本、2、3年前に本家サイト「にちじょうちゃめしごと」のbookのコーナーでもご紹介済みです
…が、また出しちゃいます。
私の一押しのテキスト本です。

写真付解説が丁寧で、わかりやすく、初めて挑戦する人でも必ずできると思います。




この5寸皿も、昨晩この方法で治しました
なんとかつかえそうです。


金繕いの手順は、まずエポキシ接着剤で割れた陶器をくっつけます。
かけている部分はパテ式の接着剤で欠けを埋め、丁寧にならします
その後、補修した部分にかぶれない新うるしを塗り、上から金粉をふりかけて磨き完成です。



eef98227.jpgこちらは古道具屋で購入したお気に入りの器
みごとに二つにパックリ割れてしまいました
それを金つくろいで補修して使っています
















3c9d7640.jpg


左が「金つくろい」をしたものです


金を施したことでかえって粋になったりもするのです
昔の人の「壊れても大切に使いたい…美しく使いたい」という心意気がこの技術を生んだのでしょう

もし、大切な器を割ってしまったけれど捨てられない…という方がいらっしゃったら、ぜひ挑戦してみてください。

接着パテはDIYショップ、新うるしは釣り道具屋さん、金粉は大きな画材店で手に入ります。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。